湘南の限定物件

ご登録メールアドレス:

パスワード:

>>パスワードをお忘れの方

>>新規会員登録はこちら

辻堂海岸|360度見える湘南の海岸

 
 
 

辻堂海岸は1959年(昭和34年)に米軍から返還されて立ち入り自由となり、 再び海水浴客が訪れるようになった。
現在、海岸から辻堂駅までの道路である昭和通りは 「サーファー通り」と呼ばれ、多くのサーフショップが並ぶ。
一年を通してサーフィンの盛んな海岸で「辻堂」、 「辻堂第二」と呼ばれるサーフスポットがある。
スポットの内「辻堂第二」は夏季には海水浴場となるため、 浴場周辺のサーファーは注意が必要である。
また投げ釣り客も多くキスやカレイ、ボラ等が釣れる。
海岸近くには13軒のおでん屋が入った「湘南クッキングセンター」 (通称「おでんセンター」)がある。
これは以前に江ノ島で営業していた複数の屋台が、1964年オリンピック開催を前に した1963年(昭和38年)に屋台は美観を損なうとして立ち退きを命じられ、 現在の昭和通りに移転してきたものである。
(ウィキペディア抜粋)